トップ

マンション経営の会社選び

マンション経営で物件選び

地域で業務を行う不動産会社の役割が大切

不労所得で生活していきたい、元手はあるのでそれを生かしてお金を稼ぎたい、と考えている方にとって、マンション経営は非常に現実的な選択肢だと言えます。

しかし、いざマンションを経営しようと思っても不動産に関する知識が全くなく、どんなところから手を付けてよいか分からない方も多いでしょう。

現在億単位で収益を上げている人であっても、最初はだれでも知識ゼロからスタートしています。マンション経営で大切なポイントをしっかり押さえておくことが、成功するマンション経営の秘訣と言えるでしょう。マンション経営をお考えならこちら。

マンション経営を行う上でまずクリアしなければいけないのが、適した物件を選ぶということです。その際、最も重視すべきポイントは「立地」です。立地はマンションの内装や外観をどれだけ良くしたとしても変えることが出来ない要素であるため、慎重に選ぶ必要がありますね。

物件選びの際、便利なネットについつい頼りがちになってしまう方も多いと思います。しかし、インターネットからの情報のみを頼りにするのは危険です。インターネットの情報は幅広い反面、その場所の地域性が考慮されていないことがあるので、結果的にハズレ物件を引いてしまう可能性もあるからです。

それよりも、その地域で業務を行っている不動産会社の情報を収集するようにした方がよいでしょう。具体的には、不動産会社のチラシやHPで情報を集め、良い物件や気になる物件があれば不動産会社に仲介を頼む、という方法です。

不動産会社の役割は仲介業務だけではなく、地元の物件情報をきちんと把握するという役割も持っているため、信頼できる不動産会社がある場合には、最初から物件の紹介を依頼するのもよいかもしれません。

ただ、1社の不動産会社に頼りすぎるのも、広い視野で物件を比較することが出来なくなるために考えものです。最終的には、インターネットの情報と地元の不動産会社の情報を総合的に勘案するとよいでしょう。何事もバランスが重要だということですね。